blog

鹿児島の郷土料理 酒寿司!🍣🍶

昨日院長夫人が酒寿司🍶🍣を作ってこられました!
酒寿司は、鹿児島の郷土料理です。
昔むかし、島津のお殿様の宴会のあと、残った料理と地酒を桶に入れて置いたところ、大変美味しかったというのが始まりみたいです。

私は鹿児島人でありながら、恥ずかしながら全然知りませんでした。😅

この琉球塗りの立派な桶の由来も聞きました。院長婦人の父は横浜で暮らしていましたが、戦死した友人のご家族を毎年故郷鹿児島に訪ねていたそうです。没後50年の節目にそのご家族から親しい方たちに贈られたのがこの桶。酒ずしレシピは義母仕込み!らしいですよ!お米一升、地酒も一升。いい香りがしています!

2日目は発酵してまた美味しくなっているとのことで、住人さんもお誘いして頂きました。😋
米と同量の地酒を使っているためか、食べると少しくらくら~っとします!

でも味が染みて美味しい!!
しゃもじですくい取ると、3つの層にタケノコ、椎茸、大根、かまぼこなど様々な具が重なっています。
一番上は鯛、イカ、海老と豪華です。

「最近では酒寿司は作らないわよね。祖母はつくっていたけれど、私の母はこんな作らなかったわ。」
と年配の方はさすが、ご存知でした。
県外から来た学生さんも珍しいご馳走に喜びながら、一緒に美味しくいただきました!
食事を通して話が弾むっていいですね~。ごちそう様でした!(事務局F)

↑トップ